2012年09月15日

尖閣諸島を守れ 

中国の海洋監視船6隻が、尖閣諸島に我が物顔に侵入して、好き勝手な事をされているというのに、現日本政府の対応は、ほとんど何もしていないに等しい。
普通の常識を持ち合わせていない隣国には、はっきりした日本の意思表示をわからせてやらないとダメだ。
自分の家に外から見知らぬものが勝手に土足で上がり込んで来たら、いったいどうしますか?
それとまったく同じ事が中国によって、今まさに行われているというのに、野田首相はたった一言、馬鹿の一つ覚えのように「警戒監視に万全を期す」だと。
国民の生命、財産を守る事 が政府のなすべき事であるが、その中でも領土の保全は最も大切な基本中の基本なのに、現政府は余りにも幼稚すぎて、まったく頼りにならない。
石原東京都知事が言うように、追っ払えば良いのに、なぜ敏速に行動に出ないのだろうか?
だから中国には、なめられっぱなしで、今回のような事は今後ますます頻繁に起こるだろう。
今の政府を選んだのは国民なのだから、そのつけが出ているという事か。
そろそろこの今の幼稚な民主党政権には退場していただいて、速やかにしっかりした気概のある政党にバトンタッチしてもらいたいと思うのだが、はたしてそんな政治家いるのだろうか?
尖閣諸島は敏速に日本の実行支配を強めて行かないと、韓国に取られた竹島のように中国に取られちゃうよ。
日本は’は約尖閣諸島に、船着き場や無線中継基地、ヘリポートなどを作って、外敵から守らなければ、取り返しのつかない事に、間違いなくなります。
それにしても情けない政府だだよなー。

Photo   斎藤 麗(月刊隆行通信Vol.65)
_RTD1669_RTD1707_RTD1612 

ryuco_nakamura at 01:26│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔